タトゥーを取り除く方法!

刺青除去の方法は色々あります。自分に合った除去法を選びましょう。 - 刺青の取り除き方

新着情報

◆2016/04/27
刺青の取り除き方の情報を更新しました。
◆2015/08/03
レーザーか外科的治療どちらを選ぶ?の情報を更新しました。
◆2015/08/03
レーザー除去法の情報を更新しました。
◆2015/08/03
刺青の種類によって除去方法も変わるの情報を更新しました。
◆2015/08/03
クリニックによって独自の施術があるの情報を更新しました。

刺青の取り除き方

就職や結婚、そして自分の生き方を変える必要が来た場合に、タトゥーとお別れしなければならないときもあるでしょう。一昔前までは消すことが困難とされていたタトゥーですが、現在は医学の進歩からいろんな方法でタトゥー除去することができます。いろんな方法で取り除くことができますので、検討してみると良いでしょう。

基本的には4つの方法

bgffdrw美容整形外科等のクリニックでタトゥー除去をすることが可能です。方法としては4つあり、レーザーで取り除く方法、タトゥー部分を切除する方法、皮膚を削っていく剥削、そして皮膚移植という方法になります。タトゥーの種類や大きさによって使い分けられますので、それぞれに合った方法で除去すると良いでしょう。
しかし除去といってもデメリットが生じることもあります。タトゥー自体肌に刻むものですので、取り除くときに以前の肌と同じ状態にするというのは不可能であり、なんらかの傷が残ることが多いです。一番跡が残りにくいとされるレーザーでも、腫れ等の跡が残ります。そのようなデメリットを受け入れてから、タトゥー除去をするようにしましょう。

隠す方法もある

医療費がかかりますので、そんなにお金を用意できないという人のために隠す方法というものもあります。タトゥー専用のシールやクリームがその類になり、水や汗でもはがれにくいという特性を持つものもありますので、タトゥー除去がまだできないという人は、参考にしてみると良いでしょう。
一度入れてしまうと、取り除くことが困難とされたタトゥーですが、現在の医学ではそれを取り除くことが可能です。しかし以前ほ肌を完全に取り戻すというのは難しいことですので、それを踏まえた上で後悔しない方法でタトゥー除去をすることをおすすめします。
タトゥー除去をする目的は、タトゥーを綺麗に取り除くことになりますので、取り除けなければそれは後悔になります。後悔しないためにも、まずは知識をしっかりとつけてからクリニックに行くことをおすすめします。

必要な知識

タトゥー除去には、4つの種類があります。患者さんが持つタトゥーの種類によって使い分けられます。たとえば小さく黒だけで入れられてあるタトゥーは、レーザー治療で綺麗に取り除くことができる可能性があります。色がついている場合は、レーザーだけでは取り除けませんので、外科的治療になる切除、皮膚を削る剥削、皮膚手術といった方法を選択します。
大きく分けて4つの方法でタトゥー除去をし、それぞれにメリットとデメリットがあります。患者さんの意見も取り入れてくれる医師もいますが、医師の診察によってはその方法がいいということもあり、方針が異なることもあります。そのような時のために、セカンドオピニオンを用意しておくのも良いでしょう。
最近ではクリニックにメールで相談することもできますので、そのようなものを利用し、医師の意見を幅広く集めておくのも良いでしょう。

後悔で最も多いもの

タトゥー除去をした後で最も多い後悔というのは、思った以上にタトゥーが消えなかった、また想像していた以上に傷跡が酷いといったことです。タトゥーは消えないというのは、施術方法の選択を間違えた、また医師の技術が未熟であったことが考えられます。傷跡が残るという後悔は、医師の説明が不十分だった、また技術が甘かったことが挙げられます。そのようなことがないように、実績と経験が伴っている医師がいるクリニックで診察してもらうようにしましょう。
後悔しないために患者さんができることは、良いクリニック選びをすることです。ネットなどで情報を集めてください。
タトゥー除去をしたいという方に、http://www.tattoo-removal-center.jp/池袋サンシャイン美容外科がおすすめです。